過失相殺とは

 

 

交通事故の場合に加害者に100%責任があり、被害者には全く責任がない場合以外の場合に被害者の過失の割合に応じて賠償を相殺して賠償金の額を減らす事を過失相殺といいます。これは損害賠償が民法第722条「被害者に過失があるときは、裁判所は損害賠償の額を定めるにあたりこれを考慮することができる」という法律により相殺され加害者と被害者の公平な損害の分担をする仕組みです。実際の過失の割合は最終的には裁判で争うことになるかもしれませんが、普通は一般的な判例に基づいた判例タイムズを参考に決めることが多いです。特に賠償額が大きくならず、車対車など、どちらも任意保険に入っている場合には判例の過失割合はほぼそのまま適用され、ほぼ絶対的な基準となっています。これは事故の当事者同士の印象だけでは覆らないので、事故の直後に一方的に責任を認めて100%の賠償を約束したりはしないようにしましょう。そういう約束をしても保険金は全額は支払われない場合がありますので注意してください。具体的な過失割合については自分のかけている保険会社の人と相談することが重要です。状況に対する過失割合は判例により加害者側も被害者側もほぼ同じ割合を考えますから、そう大きく隔たることはないはずです。