高速道路上の場合

 

 

交通事故における高速道路上の場合ですが、一般道に比べて自動車専用道路における交通事故は車両の速度が全体的に高く設定されている条件下での事故となるために、重大な交通事故となるケースが多くなっております。
交通事故が全体的に減少傾向であるのにも拘わらず、高速道路における死亡事故の確率は増加の一方となっております。
実際に発生している死亡事故の約25%は故障車両や交通事故などにより、路肩に停車中の車や人に後続車が衝突するという場合がほとんどとなっており、ドライバーのほぼ9割以上が自分の車が故障や事故を起こす訳がないという盲信的で根拠のまったくない固定概念に捕らわれております。
実際に交通事故を発生させてしまった車両のドライバーに確認してみると、そのほとんどにおいてはまさか路上に停車している車両や人間がいるなんて思いも寄らなかったというコメントが多く、如何にドライバーの慢性的な油断や事故に起こるわけがないという慢心が、重大事故を引き起こす要因としては常にトップの確率となっております。
上記の事を総合的に判断すると、高速道路走行中の事故防止のために心がけたいのは適度な運動と急速を途中のサービスエリアやパーキングエリアで取ることが重要且つ最善方法となっております。