過失割合の決まり方

過失とは責任の重さということに置き換えられますが、交通事故にあったときに責任がどちらに多くあるかはとても大切です。交通事故においては加害者と被害者という言葉が出てきますが、まさにこれは事故に至った責任の重さに比例しています。
例えば責任が90対10のときは90のほうが加害者になり10のほうが被害者になります。そして、60対40のときも多いほうが加害者になりますので60のほうが加害者です。ほんの少しの違いで加害者と被害者にわかれますので、責任の重さの算定はとても大切です。
基本的に交渉をするのは加害者の側ですが、加害者の保険会社が多用する話法というのがあります。例えば、「動いている同士の事故で100対0はありえない」「過去の判例に基づいて決まっている」などですが、厳密にいいますとこれは正しい説明ではありません。
保険会社は交渉のプロですから、交通事故における過去の判例集といったものを参考にしているのが普通です。これに基づいて交渉をしてきますが、その数字が100%正確というわけでもありません。
なぜなら、担当者によってはきちんと現場を確認もせずに割合を決める人がいるからです。ですから、割合を提示されたならその根拠をきちんと確認することが大切です。大切なのは事故が起きたときの状況です。例えば、交通ルールも関係してきます。いわゆる交通弱者といわれる歩行者であっても、信号を無視して道路の横断したなら交通ルールを守らなかったという点においては責任を負う必要があります。
交渉により双方が納得して初めて責任の重さは決まります。