自賠責保険の場合

 

 

自賠責保険とは「自動車損害賠償責任保険」と呼ばれる自動車事故の被害者救済のための、法律で加入することを義務付けられている強制保険の一つです。
これは自動車による人身事故によって他人を負傷させたり死亡させてしまった場合に補償される、対人賠償型となっていて、事故の際に相手の車を壊してしまった、あるいは相手の私物を壊してしまったケースについては賠償されません。
また、補償の対象はあくまで他人となりますので、自損事故を起こしてしまい自分が負傷してしまった場合も補償されることはありません。
しかし、車の同乗者であればたとえ家族であっても他人に当たるとされ補償の対象となりえます。
支払いの限度額については傷害による損害であれば最高で120万円、後遺症が残るような負傷の場合は常時介護が必要な場合で最高4000万円、随時介護の場合であれば3000万円。死亡による損害であれば最高で3000万円となっています。
この上限金額を見てわかるとおり、任意の自動車保険と違い被害者に対する損害額の全てを補償できるわけではありません。
つまり、相手の損害額が上限を上回ってしまった場合はあとは自分で残りの金額を支払うかあるいは任意保険を利用して補償をすることになります。