自動車VS自動車

 

 

信号のある交差点での直進する自動車同士が衝突した場合は赤信号を無視した側の基本割合を100として修正要素が加わります。青信号で侵入した側に過失があった場合は、その重さによって10から20がプラスされます。赤信号を無視した側に過失があった場合も5または10がプラスされます。赤信号同士の衝突の場合はお互いの基本割合を50として、どちらかに過失があった時には重さによって5から10がプラスされます。黄色信号と赤信号での衝突に関しては黄色信号で侵入した側を20とし、赤信号で侵入した側を80とします。この場合もどちらかに過失が認められた場合は10から20がプラスされます。信号の無い交差点で衝突した場合は減速したかどうかによって基本割合が40から80まで変化し、そこに過失の重さによって5から20がプラスされます。また交差点以外での衝突に関しては、路外から道路に侵入するために右折する車両と直進車との事故の基本割合は80と20になります。そこでも減速や速度違反やゼブラゾーン進行、頭を出しての待機やその他の過失の有無が考慮されて5から20がプラスされます。その他にも転回時や追越し時などの場合も道路の規制によって細かく決められています。