自動車VSバイク

 

 

道路交通法におけるバイクの定義としては、大型・中型・原付を含めた場合には自動車として分類されることになりますが、保険や交通事故を考慮した場合は四輪車両とは違った状況を基本情報を保有することになっております。
各保険会社で宣伝をおこなっているSAPなどの保険に加入することはできず、自賠責保険の適用に関しては原動機付き自転車を含めて250cc以下の排気量では車両検査の必要がなく、保険の加入可能期間としては1年から5年までが該当しております。
ちなみに他の四輪車両と交通事故を発生させた場合は交通弱者としての割合が高いので被害者となりやすく、一方で歩行者や自転車との交通事故が生じた場合では前述した立場が180度変わる為に、加害者となる確率が高くなる傾向となっております。
交通弱者としての展開が交通事故を起こした相手によって被害者側にも加害者側にも転化してしまうバイクですが、その状況を踏まえた上で保険の加入した場合の状況と交通事故が発生した場合の状況を記述いたします。
四輪車両との交通事故での過失と、交通事故の被害者となったときの損害賠償額の算出における計算方法と被害者請求の方法について考慮する必要があります。
健康保険と労災の役割についてや加害者となったときの責任については交通事故の過失を踏まえた上での算出方法が適用されることになり、その際にはバイクに特有となっているすり抜けをおこなっている際の事故による割合算出が反映されることになります。